よくあるお問合せ Q&A

果物狩りについて お食事について さくらんぼ山について さくらんぼについて

トップページへもどる

果物狩りについての Q&A

Q. 果物狩りに行く時の服装はどのようなものが良いですか?
A. 動きやすい服装で運動靴等がよろしいです。

Q. 果物狩りの流れについて教えてください。
A. 無料駐車スペースに車を止めましたら、カバン、バック、リュックなどは園内に持ち込めませんので、財布、カメラ以外は車に置いておきます。
受付にて入園手続きをしまして、指定された畑に入ります。
もぎとりお持ち帰りしたいお客様は受付の際、バケツや袋などを持っていきます。
園内に入りましたら、果樹から直接実をもぎとって食べます。時間無制限で食べ放題です。
お持ち帰りしたい果物は、受付にて渡されたバケツや袋などに実を入れ、お帰りの際、出口もしくは解り易い場所に計量所がありますので、もぎとった果物を計量し、料金を払います。
計量の終わった果物を入れる箱や袋などは無料にて用意されておりますので、心配要りません。

Q. 園内に持ち込んではいけない物はありますか?
A. 園内は貴重品(財布程度)・カメラ以外の手荷物の持ち込みは一切出来ません。
カバンやリックサックなどは車内に保管をお願い致します。
※ご要望があれば受付にてお預かりいたします。

Q. 入園の際、ペットを連れて行っても良いでしょうか?
A. いちご狩りではお断りしております。
その他の果物狩りは他の方に迷惑かけない様にリードを短く持つこと、フンの後始末などマナーを守っていただける方のみ許可しておりますが、そうでないお客様はペットとのご入園をお断りします。

Q. 雨天の場合でも果物狩りはできるのでしょうか?
A. さくらんぼ狩りでは、雨除けハウスがありますので安心ですが、その他の果物狩りでは傘をさしてのご入園となります。
ご来園日が雨天の場合は傘、雨合羽、長靴等を用意した方が良いです。

Q. 一度畑に入園して、外へ出て再入園する事はできますか?
A. 再入園はできません。お手洗いなどを済ませて準備が整ってから入園しましょう。

Q. 子供や老人の手の届く所にさくらんぼは実のっていますか?
A. 剪定の際、木の高さを低く下枝を残すように切っている為、手の届く下枝にたくさん実のっています。
時期により下枝に余り無い場合がございます。

Q. さくらんぼのもぎとり価格は品種ごとに違うんですか?
A. どの品種ももぎとり価格は同じで、出来る限り安価に設定しています。

Q. 入園して果物をもぎとる場合、入れ物などはあるのでしょうか?
A. バケツや袋などが用意されています。
ちなみにバケツに一杯でさくらんぼ3kg入ります。

Q. さくらんぼをもぎとり持ち帰りたいのですが、入れるものはあるのですか?
A. もぎとった量に応じて、大・中・小の三種類の箱があり無料でご利用になれます。

Q. もぎとってきた果物を知人に送りたいのですが、可能でしょうか?
A. もぎとってきた果物を全国に発送可能です。

お食事についての Q&A
Q. 食事するところはありますか?
A. ログハウスの『さくらんぼ館』、ぶどう棚ハウスの『ぶどう館』にてジンギスカンが食べられます。
※詳細はこちら

Q. お食事コーナーは何人くらい入れますか?
A. 同時収容人数は1,500人です。

Q. 持っていったお弁当を食べたり、休憩するような場所はありますか?
A. 白色の大きな建物の2階がお客様休憩所となっておりますので、ご自由にお使いください。

さくらんぼ山についての Q&A

Q. さくらんぼの木は何本くらいあるのですか?
A. 現在約5,000本のさくらんぼの木がございます。

Q. さくらんぼ山にはどのように行ったらよいですか?
A. 車でお越しの際、仁木町に入りますと、国道5号線やフルーツ街道(広域農道)に多数の看板を設置しておりますので、場所がわかると思います。迷ってしまった場合は目印になるような所からお電話下さればご案内いたします。
JRでお越しの場合は『仁木駅』、バスでお越しの場合は『仁木役場前』で降りまして、当農園へお電話を下されば送迎いたします。

Q. さくらんぼ山はどれくらいの高さの場所にあるのですか?
A. 当農園は海抜114mあります。
仁木町を見下ろし眺めがよいです。

Q. 畑の広さはどれくらいあるのですか?
A. さくらんぼ畑が約15ヘクタール、いちご、ぶどう、りんご、プルーン、その他5ヘクタールの計20ヘクタール(約7万坪)の面積があります。

Q. 駐車場はありますか?
A. 無料駐車場1,500台収容が完備されています。

さくらんぼについての Q&A

Q. さくらんぼの効能は?
A. さくらんぼに含まれる栄養素は、糖質、ビタミンA、ビタミンC、リン、カルシウム、カリウム、鉄分などです。
疲労回復、疲れ目の回復、貧血防止、美肌維持、利尿作用、消炎作用、高血圧の予防などの効能があります。

Q. さくらんぼの原産地と歴史について教えて?
A. イラン北部からヨーロッパ西部にかけての山地が原産地とされています。
明治7.8年頃に政府がアメリカ、ヨーロッパから多数のオウトウ品種を導入したことが日本に渡来したはじまりとされています。

Q. さくらんぼの木の本当の名前はなんですか?
A. 正式な名称は『西洋実桜(せいようみざくら)』と言います。

Q. さくらんぼの木と桜の木は同じなんですか?
A. 桜桃(おうとう)はバラ科−サクラ属−ウワミズザクラ亜属−ミザクラ区に属します。
桜はバラ科−サクラ属−サクラ亜属に属します。
ですので、種類は異なります。