体験学習
ぶどうの摘房(房まざき)作業

期間 ・・・ 6月1日〜6月30日
料金 ・・・ 1,000円(税込み)
同時受入数 ・・・ 500名
所要時間 ・・・ 60分(内、説明20分、移動10分、作業30分)


作業前 作業後


作業内容・・・ 1枝に3〜4房の房があり、この房の中から大きくて丈夫そうな房を選び、1枝当たり2房とする。

作業理由・・・ 着果過多にすると、完熟せずマズイ味になり商品価値を失う、その上樹体の貯蔵養分が減り翌年の生産に大きな影響を及ぼし、樹体の凍害や体力の消耗により枯死することもある。
その為にも重要な作業である。

当園にてのインストラクターはクラスごと1名です。
各クラスの班ごとに(1班あたり5〜6名)1本づつ責任を持って作業して頂きます。
ハサミはインストラクターより各班長が責任を持って借りて、班に配り作業後は回収し返します。
秋の収穫時に収穫されたぶどうを生徒1名に1房サービスで学校へ送ります。